男女問わず神秘性抜群の

 ストーンのため 多くの人を魅了します。

  

 硬度 5〜5.5

 産地 アフガニスタン

 9ミリ玉 22個

 (内径サイズ約15.5センチ)

 3枚目の画像は9.5cmと9cmの001と002の比較です 

  

 ラズライト

 アゥイン

 ソーダライト

 ノゼアンが

 混じり合った鉱石

 母石にカルサイト、

 パイライトが

 混じり合い絶妙なバランスを

 とっているストーンは高価になります。

 産地は、アフガニスタン、

 チリ、ロシアなど

  

 特に高価なラピスライトは

 群青色の一色が高価になりますが

 日本ではパイライトが含まれ

 キラキラしているのを

 好む方が多いです。

  

 ラピスラズリは・・

 古代エジプトのファラオの時代から

 宝石として愛されてきています。

 ヨーロッパでは宗教画の

 天上界の色はこのラピスラズリを

 砕き絵具として使われてきています。

 イタリアの教会などいくと

 ガイドさんが必ず

 ラピスラズリを使った

 場所を示すほどです。

   

 高貴さを象徴しているストーンです。

  

 もちろん日本でも このラピスラズリを

 装飾品としていたようです。

  

 Bloomkeiでは なぜこのように

 世界中の 人々がこれほどまでに

 ラピスラズリに心惹かれるのかを

 考えてみました。

  

 一番高価であるとされる

 ラピスラズリは本当に素晴らしい

 群青の色合いです

 さらには混じりっけ無しの

 ものになります。

  

 このストーンはとても霊的で

 復活・再生・蘇り

 など古来から

 人間の生死に対しての

 恐怖心を

 和らげてくれたのではないかと

 思われます。

  

  

 幸福の守護石でもあり

 真理を示すストーンとも言われ

 そこから宗教画にも多く使われているのでしょう

 魔除けともなりうるストーンです。

  

  

 汗や水に弱く

 身につける時は十分気をつけたいですよね。

  

  

ラピスラズリの商品は

こちらをクリツクしてみてくださいね。